早生のコミュニスト

shadow共産論』を連載しながら、自分はどうも早く生まれ過ぎたのではないかという思いが募る。提案した内容の大部分は、早くとも200年くらい先にならなければ実現しそうにない・・・。
というわけで、いっそ自分が200年後の23世紀世界にタイムトリップしたという想定で、未来社会の様子を21世紀に向けて報告する「未来社会だより」なる世にも珍妙なブログを昨年(2013年)から新たに開設してしまった。
本当は、未来小説の大作にしたほうが、もっと面白くインパクトもありそうなのだが、残念ながらフィクション創作の才覚はゼロ。そこで才覚ある人に期待しようにも、最近は未来小説・映画はすっかり下火で、たまに出てきても宇宙人による地球支配だの人類滅亡だのディストピア的な趣向が強く、未来社会をポジティブに描くユートピア文芸の伝統は絶えてしまったかのようだ。
 拙ブログがそのささやかな代わりになれば・・・というかすかな願望を込めて、ほそぼそと続けている次第である。 

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31