アフリカ黒人の軌跡

2017年9月24日 (日)

アフリカ黒人の軌跡(連載第10回)

二 西アフリカ人の商業文明

ハウサ諸王国群
 
西アフリカで商業文明を担ったもう一つのグループとして、ハウサ人を挙げなくてはならない。ハウサ人は今日では西アフリカの大国ナイジェリアで最大人口を要する主要民族となっているが、その故地は東アフリカのヌビア地方と見られている。
 もっとも、伝承上はイラクのバクダッドの王子バヤジダを遠祖とするというが、遺伝子上ハウサ人が最も近いのはナイル‐サハラ語族系のナイロート族であるとされるから、かれらは元来、ナイル‐サハラ語族だったと推定される。
 とはいえ、現在のかれらの言語ハウサ語は、古代エジプト語やアラビア語も広く包含されるアフロ・アジア語族の一分岐チャド語派に分類される。これはおそらく、かれらが西方へ大移動する過程のチャド付近で、使用言語の交替を経験したためと考えられる。
 ハウサ人は西暦700年頃までに大移動を終え、13世紀頃から今日のニジェール南部・ナイジェリア北部にかけての地域に多数の都市国家を形成した。これらの都市にはそれぞれ王ないし首長がおり、都市王国の形態を取っていた。
 西アフリカ定着後は周辺のマンデ系民族などからイスラームを受容し、イスラーム化していった。ただ、ハウサ諸王国は統一されることなく、時の西アフリカ覇権国家ソンガイ帝国とチャド方面の覇権を握るカネム・ボルヌ帝国の間を埋める緩衝国家群としてそれぞれがサハラ交易の中継ぎで収益を上げていた。
 強いて言えば、最も古いハウサ都市国家の一つであるザリアと後発のケッビが二強としてライバル関係にあったが、いずれも統一帝国を形成するには至らなかった。ハウサ諸王国は19世紀初頭に新興のソコト帝国に征服されるまで長く持続したが、これはあえて不安定な統一帝国を構築しなかったおかげとも言えるだろう。
 こうしてハウサ人は政治的に分裂しながらも、商業を通じて総体としてはナイジェリア北部で強固な地盤を確立し、西アフリカ最大の民族集団に成長するとともに、その言語ハウサ語はスワヒリ語と並びブラックアフリカにおける商取引上の共通語(リンガ・フランカ)の一つとなっていった。

2017年9月13日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第9回)

二 西アフリカ人の商業文明

マリ/ソンガイ帝国の繁栄
 ガーナがムラービト朝の攻撃を受けて衰亡した後、西アフリカはしばらく混沌とした情勢に陥るが、その中で優勢だったのは、やはりマンデ語派のスースー族が建てたスースー王国であった。
 これに対し、スースー王国の支配下にあったマンディンカ族が伝説的英雄スンジャータ・ケイタの指導で反乱を起こして勝利、ケイタがマリ王国を建てた。この新王国は非常な成功を収め、ガーナの実質的な後継者として、金を資源的基盤としたサハラ交易を掌握し、経済的にも繁栄を極めた。
 この頃から次のソンガイ帝国の時代にかけ、ニジェール河中流域のオアシス都市トンブクトゥはサハラ交易の中継拠点として繁栄し、西欧にも「黄金郷」として知られるほどとなった。トンブクトゥにはイスラーム商人のほか、知識人も集まったことから、西アフリカにおけるイスラーム教学の中心ともなり、この地域のイスラーム化をさらに深化させる役割も果たした。
 マリは14世紀前半に出たマンサ・ムーサ王の時、その最盛期を迎える。彼は巨額の資産を有するとともに、敬虔なイスラーム教徒でもあり、1324年に大がかりなイスラーム聖地メッカ巡礼を挙行して名を残した。その際、大量の金の喜捨を行なったため、金相場が暴落したとの逸話も残る。 
 周辺小王国を服属させ、域内人口が5000万人ともされる帝国的隆盛を極めたマリであったが、14世紀後半以降は弱体化し、南北から外部勢力の侵攻をたびたび受け、衰退していく(最終的滅亡は17世紀前半)。代わって、覇権を握ったのはソンガイ王国であった。
 その発祥民族であるソンガイ族はガーナやマリを担ったニジェール・コンゴ語族ではなく、ナイル・サハラ語族に属しており、元はニジェール上流域のガオを首都とする独立王国として繁栄したが、マリ帝国時代はマリに服属していた。
 ガオはマリが衰退した14世紀後半以降、優勢となり、スンニ・アリ王の時、マリを破りソンガイ帝国の基礎を築く。しかし、後を継いだ息子のスンニ・バルは1493年、ソニンケ族出身の軍人アスキア・ムハンマドのクーデターで王位を追われた。
 このクーデターの背景には、イスラームへの帰依を拒否したスンニ・バルへのイスラーム勢力の反発とガーナ以来、閉塞していたソニンケ族の権力奪還という二つの要素があったように見える。アスキア・ムハンマド王は、イスラーム教を主軸とする体制を確立するとともに、伝統のサハラ交易をいっそう強化し、ソンガイ帝国の全盛期を作った。
 しかし、晩年失明したアスキア・ムハンマドが息子たちによって廃位された後は、王位継承争いが激化する中、ソンガイは衰退していく。最終的には16世紀末の1592年、北アフリカで勢力を強めていたモロッコに侵攻され、滅亡した。

2017年9月 7日 (木)

アフリカ黒人の軌跡(連載第8回)

二 西アフリカ人の商業文明

イスラームの受容
 アフリカ黒人は、隣接するエジプト文明から多大な影響を受けたヌビア人を除けば、高度な文明圏から地理的に隔絶されていたため、独自の文化を発達させつつも、文字体系も備えた高度文明を創出することには難儀していた。その状況を変えたのは、西アジアから到来してイスラーム教であった。
 アフリカ黒人のイスラームの受容は、西アフリカから始まった。この地域と西アジア方面の間は広大なサハラ砂漠で隔てられているが、かつて緑地だったと想定されるサハラも紀元後には砂漠化が進行しており、紀元3世紀頃には乾燥に強いラクダが移入され、ラクダを使役した交易が盛んになり始めていた。気候変動に伴う砂漠化の進行が人々から生活の場を奪う一方で、砂漠をルートとする交易は活発化するという歴史的な皮肉であった。
 そうしたサハラ交易の利益を掌握するようになっていったのが、前回も見たガーナである。7世紀にイスラーム集団によって北アフリカが征服されると、隊商交易のネットワークが確立され、ガーナはその西の終点への中継で利益を得ることになる。その資源的基盤となったのは、「黄金の国」とも評された金であった。
 ガーナに関する最初の史料情報は9世紀のイスラーム学者によってもたらされているが、ガーナ自身は史料を残さなかったため、その実態の詳細は必ずしも明らかでないが、今日的な知見によると、ガーナ王国はマンデ語派の中でもソニンケ族と呼ばれる民族集団を主体とする国家で、それぞれの王を持つ都市国家の連合王国という構造を有していたと見られるが、連合王国の王は高い権威を持っていたようである。
 アフリカ旅行者からの情報を収集し、ガーナの繁栄ぶりを描写した11世紀のコルドバの学者アブ・ウバイド・アル‐バクリによると、この時代のガーナはイスラームの受容を始めた唯一の黒人国家とされ、遅くとも11世紀にはイスラーム教がガーナに浸透していたことがわかる。
 しかし皮肉なことに、イスラームの受容はガーナ王国の文明化とともに衰退をもたらした。その要因として、1076年、ガーナの交易利益の横取りを狙った北アフリカの新興イスラーム王朝ムラービト朝による攻撃を受けて事実上征服されたことがあった。
 ガーナはその後も細々と存続したようではあるが、13世紀に入ると、同じマンデ語派系マンディンカ族が建てたイスラーム系マリ王国の興隆により、同国に吸収され消滅したと考えられる。これ以降、西アフリカの覇権はマリが握ることになる。

2017年8月 9日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第7回)

二 西アフリカ人の商業文明

二つの大河流域
 ヌビア人の王国が衰亡した後、アフリカ黒人の活動中心は西アフリカへ遷移していくが、この地域ではニジェール河とコンゴ河という二つの大河の流域に最初の文化圏が発展していく。
 このうち、ニジェール河流域では紀元前3000年紀から農耕が始まっているが、ナイル河流域のような文明圏に発展することはなかった。その後、紀元前5世紀頃から紀元後にかけてナイジェリア中央高原でノク文化と呼ばれる鉄器文化が栄える。
 この文化の担い手は、その代表的な生産品である土偶の人物特徴からすると、明らかにアフリカ黒人であるが、民族籍は特定されていない。ノク文化遺跡からは公共建造物も発見されているが、全体として古拙な特徴を残しており、文字体系も備えた大文明圏に発展することはなかった。
 やがて、この流域ではバントゥー人とも同系のニジェール・コンゴ語族に属するマンデ語派諸族の首長制村落群が出現するが、その中からガーナが優勢化し、早ければ紀元4世紀には王国を形成したとされる。ガーナ王国は後に隊商中継交易で巨富を築くことになる。
 もう一つのコンゴ河流域は熱帯雨林地帯であり、長期にわたり、狩猟採集社会が維持された。その担い手民族は不詳だが、バントゥー人大移動で移住してきたバントゥー系民族が鉄器と農耕をもたらすことで、最初の文化的発展の土台が築かれたと推定される。
 この流域の民族は交易ネットワークでつながるバントゥー系で統一されていったが、政治的な王国形成はニジェール流域よりやや遅れ、14世紀のコンゴ王国の成立を待つ必要があった。

2017年6月28日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第6回)

一 「残アフリカ」した人々

ヌビア人の文明化
 西洋中心的な視点で、しばしば「非文明的」ととらえられがちなアフリカ黒人であるが、紀元前の時代にいち早く文明化したのは、エジプト南部からスーダン北部にかけてナイル流域に展開したヌビア人であった。
 ヌビア人は、ナイル‐サハラ語族に属する代表的な民族であり(アフロ‐アジア語族説もあるが、立ち入らない)、エジプト第1王朝時代と同時期にすでに発達した都市国家のようなものを形成したとの説もあるが、史料・情報不足のため、詳細は把握できない。
 鉱物資源の豊富なヌビア地方は強勢化したエジプト王国の侵略を受け、植民地支配下に置かれたが、エジプト新王国時代の紀元前11世紀前半頃、エジプトの混乱を突いてナパタを首都に独立したと見られる。このいわゆるクシュ王国は、王都と王朝を代えながらも紀元後350年まで持続していく。
 ヌビア人は長くエジプトの支配下にあった関係上、初期クシュ王国(ナパタ朝)はエジプト文明の強い影響を受け、ヒエログリフ文字やエジプト神アモンの信仰、ミイラ製作、ピラミッド築造技術などを取り込んだ派生文明の性格を帯びていた。
 強勢化したクシュ王国は、紀元前760年から656年までの約一世紀、ついに斜陽の「本家」エジプトを征服・併合し、第25王朝を樹立した。しかし、下エジプトでリビア人主導の反乱が起き、下エジプトを失ったのに続き、アッシリアの侵攻を受けて第25王朝は崩壊、クシュ王国自体も南のメロエに遷都を余儀なくされた。
 しかし、この敗退は新たにメロエを首都とする新時代の始まりであり、クシュ王国の全盛期を築いたのである。メロエは鉱物資源、農業土壌ともに豊富で、交易上もアビシニア(エチオピア)経由で紅海からインド洋で出る拠点となったからである。
 他文明の摂取に長けていたらしいヌビア人はアッシリアが得意とした鉄器製造技術を取り入れ、鉄製兵器製造で軍事的にも強大化し、エジプト文字とギリシャ文字双方から形成した独自のメロエ文字を創案した。「本家」より小ぶりながらも、王墓ピラミッドの築造も精力的に行なわれた。聖書でも、クシュ王国の繁栄ぶりは記されている。
 ちなみに、メロエ朝独自の特徴として、その時代としては異例なことに、ローマ軍との交戦で勝利し、ストラボンの歴史書にも言及されたアマニレナスや、全盛期を演出し、ヌビア独自のライオン神アペデマクの神殿で知られるアマニトレら、女王を多く輩出したことがある。女王はカンダケと呼ばれ、女戦士としての性格も持っていたようである。
 しかし、クシュ王国は北アフリカ、エジプトへの拡大を狙うローマ帝国の圧迫に加え、王朝の内紛も手伝って、衰退に向かう。最終的には、紀元350年、南アラビアから移住してきたと見られるセム系民族の新興アクスム王国(エチオピア)によって滅ぼされたのである。
 その後、ヌビア人はキリスト教を受容したアクスム王国の影響下に、三つのキリスト教系小国を形成したが、これらは統一されることのないまま、7世紀以降、イスラーム勢力の侵攻により、衰滅の道をたどる。

2017年6月 7日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第5回)

一 「残アフリカ」した人々

バントゥー人大移動
 現在、アフリカ黒人中における最大勢力を形成しているバントゥー系諸民族は、西アフリカでの誕生から間もなく、拡大・大移動を開始する。このバントゥー人大移動は、ずっと後にゲルマン人大移動が欧州大陸の歴史を作ったように、アフリカ大陸の歴史を作った。
 バントゥー人大移動はゲルマン人のそれに比べても長く、紀元前1000年頃から紀元後300年頃に及ぶ千年単位の長い年月をかけて行なわれたと考えられる。その契機は、オリエント方面から移住してきた集団から農耕を学んだことにあるとされる。
 この集団は欧州にも農耕をもたらした民族で、Y染色体ハプログループR1bを共通指標とするコーカソイド系民族である。かれらはアフリカではチャド、カメルーン付近に定住し、そこにいた原バントゥー人に農耕を伝えるとともに、現在までその遺伝子を西アジア的なアフロ‐アフリカ語族に属するチャド系民族に残している。
 農耕を体得したバントゥー人らは、より肥沃な農耕適地を求めて移動を開始する。最初は中央アフリカの熱帯雨林が目指されたが、東アフリカのサバンナ地帯や大湖沼地域にも拡大していく。アフリカ黒人故地とも言える南アフリカへの拡大はやや遅れ、紀元後に大湖沼地域から部族ごとに移動していったようである。
 こうして、バントゥー人はいったん故地の南アフリカを出た後、農耕を身につけ、長い年月をかけて再び故地へ帰還する「帰ってきたアフリカ人」となったのである。現在、バントゥー系に包含される民族数は数百に及ぶ。
 ただ、かれらは移動先で土着した15世紀頃に至るまで政治的な国家を形成することはなく、族長に率いられた部族共同体社会を維持していたと見られる。この点、既存のローマ帝国内に侵入して、帝国から国家形成のノウハウを吸収し得たゲルマン人と異なり、当時のアフリカ大陸にはローマ帝国に匹敵する統一国家は存在していなかった。
 アフリカへ侵出していったローマ帝国自身も北アフリカ以南にまで手を伸ばそうとはしなかった。一方、ナイル河沿いのエジプトとその影響下に栄えたヌビア人の王国も地中海や西アジアに目を向けており、アフリカ大陸全土をカバーするような帝国には膨張しなかったため、バントゥー人がその支配下に入り込むこともなかったのである。

2017年5月11日 (木)

アフリカ黒人の軌跡(連載第4回)

一 「残アフリカ」した人々

三大言語系統の形成
 アフリカ黒人を最も重要かつ客観的な民族的指標である言語を基準に分類すると、(Ⅰ)コイサン諸語、(Ⅱ)ニジェール・コンゴ語族、(Ⅲ)ナイル・サハラ語族の三言語人系統に大別されるとするのがおおむね通説となっている。
 このうち、前回見たコイサン諸民族を包含する(Ⅰ)群は、アフリカで―より広く現生人類中でも―最古の言語を持つ諸族である可能性が高い。
 (Ⅱ)群は現代のアフリカ大陸において話者数・言語数において最大のグループであり、中でもバントゥー語群が中核を成す。バントゥー諸語を持つのはバントゥー系諸民族であり、現代アフリカ黒人中でも最大勢力を成している。
 かれらの原郷は今日のナイジェリア‐カメルーン国境付近と推定されている。おそらくは南アフリカ付近で誕生し、「残アフリカ」したグループが北西へ移住することで形成された集団であろう。形成時期は紀元前2000年頃とされ、さほど古くはない。
 かれらはやがて農耕・牧畜を身につけて繁栄し、多数の部族に分かれて拡散を始めた。バントゥー人大移動である。言わば南アフリカへと回帰していく形で、アフリカ大陸中央部から南部にかけてバントゥー系諸民族の居住地域が拡大し、南部に残留していた(Ⅰ)群の狩猟採集民族をも吸収していったであろう。
 (Ⅲ)群は名称どおり、ナイル流域・サハラ砂漠を中心に広がる言語群であり、その歴史的な代表格はスーダンのヌビア人であるが、話者数で言えば、今日のケニアとタンザニアに分布するルオ族が最大である。
 かつてサハラ砂漠はステップ緑地帯であり、豊かな地域であったことから、古くから人類の活動の痕跡が見られる。そうした古サハラ人の民族系統については十分明らかではないが、南アフリカからこのサハラ緑地へと移住していったグループの末裔がこの(Ⅲ)群に包含されるかもしれない。
 文明という観点から見ると、アフリカ黒人中、最も初期に文明国家を築いたのはヌビア人であった。かれらは紀元前26世紀にはナパタを都とする王国を形成し、隣接するエジプト文明の影響下に発展し、一時はエジプト自体をも併合するのである。

2017年4月14日 (金)

アフリカ黒人の軌跡(連載第3回)

一 「残アフリカ」した人々

コイサン諸民族の由緒
 アフリカ黒人の中でも最も古い由緒を持つと想定されているのが、コイサン諸民族である。コイサン諸民族とはコイコイ族とサン族の総称であり、ともに南部アフリカのカラハリ砂漠を中心とした地域で今日でも狩猟採集生活をする種族である。
 かれらは現生人類の系譜上最古の分岐を示すY染色体ハプログループAを高頻度で保有することから、初期現生人類に最も近いと考えられている。ただし、Aの保有頻度でみれば、今日の南スーダンの多数派ディンカ族も高頻度であるから、初期集団のスーダン方面への拡散も想定される。
 とはいえ、コイサン諸民族は現在まで現生人類発祥地をほぼ離れず、かつ狩猟採集の生活様式を固守している点(ただし、コイ族は牧畜民)、極めて保守的集団とも言える。かれらの保守性は形質的にも言語的にも顕著である。
 形質的には女性の臀部が脂肪によって大きく突出する脂臀が知られる。縮れ毛などの特徴は他のアフリカ黒人と共通だが、肌色はさほど濃くなく、黄褐色に近いことは、初期現生人類の形質的特徴を推定するうえで参照項になるかもしれない。
 言語的な特徴は、舌打ちするときの音に近い吸着音による音素が豊富であることである。コイサン諸語と包括されるかれらの言語に音素の種類が極めて多いのは、原初の言語が語彙よりも音素の区別によって様々な意味を表現していたことの痕跡と考えられる。
 もっとも、今日のコイサン諸民族が初期現生人類の直接の純粋子孫というわけではなく、かれらは後に今日のナイジェリア方面から南下してきたバンツー系の新たなアフリカ黒人集団と接触し、相当に混血もしたことにより、血統的にも言語的にも相互浸透し合って、今日のコイサン諸民族となったと見るべきであろう。
 そのため、今日のコイサン諸民族はかなりの多様性を示しており、かつて形質的に「カポイド」、言語的には「コイサン語族」と包括されたコイサン諸民族のくくりは、その有効性に疑問が持たれているところではある。

2017年3月23日 (木)

アフリカ黒人の軌跡(連載第2回)

一 「残アフリカ」した人々

豊穣だったアフリカ
 アフリカ黒人の発祥地は言うまでもなくアフリカ大陸であるが、そこは同時に人類そのものの発祥地と想定されている。中でも今日の南アフリカ共和国を中心とした南部アフリカは旧人を含めた古人骨の宝庫であることからして、南部アフリカがまさしく人類発祥地である可能性は高い。近年は、東部アフリカ説も有力で、論争は続くが、ここでは立ち入らない。
 ここが人類発祥地であったからには、その気候は人間にとってよほど最適のものであったと推定され、およそ20万年前に誕生したと推定される現生人類も、そうした良好な気候に支えられて大いに繁殖したものと思われる。
 しかし、繁殖は人口増・食糧難の要因となったところへ、温暖化によりアラビア半島に水上移動可能な環境が開けたことから、まずはアラビア半島・中東方面へと「出アフリカ」する集団が現れたと想定される。他方、「残アフリカ」した保守的集団の子孫が今日のアフリカ黒人となった。
 この「残アフリカ」組は、おそらく人口増の中でも食糧を確保する狩猟採集術に長け、あえて「出アフリカ」する苦難を選択する必要を感じなかったのだろう。実際、南部アフリカには今日でも狩猟採集を中心とした伝統的生活様式を守る少数民族が暮らしており、その伝統の強さを感じさせる。
 しかし、やがてこの「残アフリカ」組もその内部で人口増が生じたため、次第にアフリカ大陸を東西に北上して大陸全土に散っていき、新天地で多様な民族集団を形成し始めた。
 今日では南極を除けば世界最大級の過酷な砂漠であるサハラ砂漠ですら過去には豊かな緑地であったと推定されるごとく、先史のアフリカ大陸は現在よりはるかに豊穣な大地であったため、アフリカ黒人諸族は各地に拡散し繁栄し得たのである。
 ところで、最初の現生人類が果たして今日のアフリカ黒人と同様の身体的特徴を持つ人々であったかは不明であり、特に肌色はアフリカ大陸がまだ温暖であった時代にはさほど色濃くなく、アフリカ黒人はアフリカが全体として熱帯化していく過程に適応して形成されたとも推定できる。
 そうした意味で、アフリカ黒人は最初の現生人類に最も近いとはいえ、その純粋な子孫であるとまでは言えないであろう。ただし、現生人類発祥地に近い地域にその後もとどまった諸族は、形質的にも言語的にも原初現生人類の特徴をよく保存していると想定される。

2017年3月 1日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第1回)

小序

 本連載は、いわゆる「アフリカ史」ではない。「アフリカ史」という場合は、広大なアフリカ大陸全体の通史であり、そこにはエジプトやエチオピアといった古国の歴史も包含されることになる。しかしここで言う「アフリカ黒人」とは、旧来の人種分類上はネグロイドに属する諸民族を指す。
 従って、旧称いわゆるセム系/ハム系諸民族によって築かれ、今日でもその系譜を引くエジプトをはじめとする北アフリカやエチオピア、ソマリアなどは、「アフリカ黒人の軌跡」の舞台とならない。その一方、アフリカ大陸にとどまったアフリカ黒人はもちろん、大陸から南北アメリカ大陸やカリブ海方面に奴隷として連行され、定着したアフリカ黒人の軌跡にまで及ぶことになる。
 もう一点、「歴史」でなく、「軌跡」とした理由は、アフリカ黒人は一部の例外を除き、長い間無文字・口伝社会を維持したからである。無文字のまま相当な高度文化を築いた民族も存在する。このような場合、たとえ歴史はなくとも、たしかな軌跡はある。 
 人類学的知見によれば、最初の現生人類はアフリカ大陸で誕生したが、その後「出アフリカ」組と「残アフリカ」組とに分かれたとされ、後者から多様に派生したのがアフリカ黒人系諸民族と見られている。そうした意味で、アフリカ黒人は、歴史は浅いが人類としての軌跡は最も長い。
 そのような軌跡を時代的に追うことが、本連載の目的である。それを通じて、アフリカとアメリカの両大陸を股にかけて存在するかれらの史的動態を明らかにしてみたいと思う。それは同時に、先行の『世界歴史鳥瞰』ではほとんど割愛せざるを得なかったアフリカ黒人というアクターを改めて視野に捉え直す試みでもある。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30