〆共産論[改訂第二版]

2018年5月 3日 (木)

共産論・総目次[改訂第二版]

本連載は終了致しました。下記目次各「ページ」(リンク)より全記事をご覧いただけます。


序文
 ページ1

第1章 資本主義の限界

(1)資本主義は勝利していない
 ◇ソ連邦解体の意味 ページ2
 ◇ソ連型社会主義の実像 ページ3
 ◇ソ連型社会主義の失敗
 ◇資本主義の「勝利」と「未勝利」

(2)資本主義は暴走していない
 ◇グローバル資本主義の実像 ページ4
 ◇「資本主義暴走論」の陥穽

(3)資本主義は崩壊しない
 ◇ケインズの箴言 ページ5
 ◇打たれ強い資本主義

(4)資本主義は限界に達している
 ◇三つの限界 ページ6

(5)共産主義は怖くない 
 ◇二方向の限界克服法 ページ7
 ◇共産主義のイメージ 

第2章 共産主義社会の実際(一):生産

(1)商品生産が廃される 
 ◇利潤追求より社会的協力 ページ8
 ◇無償供給の社会
 ◇文明史的問い 

(2)貨幣支配から解放される 
 ◇交換価値からの解放 ページ9
 ◇金融支配からの解放
 ◇共産主義と社会主義の違い

(3)計画経済に再挑戦する 
 ◇古い経済計画モデル ページ10
 ◇環境計画経済モデル
 ◇計画の実際
 ◇非官僚制的計画

(4)新たな生産組織が生まれる  
 ◇社会的所有企業と自主管理企業 ページ11 
 ◇生産事業機構と生産協同組合 
 ◇諸企業と内部構造
 ◇農業生産機構 ページ12
 ◇消費事業組合

(5)土地は誰のものでもなくなる
 ◇共産主義と所有権 ページ13
 ◇土地所有制度の弊害
 ◇共産主義的土地管理制度
 ◇天然資源の管理

(6)エネルギー大革命が実現する
 ◇新エネルギー体系 ページ14
 ◇脱原発への道
 ◇「原発ルネサンス」批判  

第3章 共産主義社会の実際(二):労働

(1)賃労働から解放される
 ◇賃労働の廃止 ページ15 
 ◇資本主義的搾取の構造
 ◇新・奴隷解放宣言 ページ16
 ◇労働と消費の分離

(2)労働は全員の義務となるか
 ◇労働の義務と倫理 ページ17
 ◇職業配分のシステム
 ◇労働時間の短縮 

(3)純粋自発労働制は可能か
 ◇人類学的問い ページ18
 ◇3K労働の義務?
 ◇職業創造の自由

(4)婚姻はパートナーシップに道を譲る
 ◇婚姻家族モデルの揺らぎ ページ19
 ◇登録パートナーシップ制度
 ◇人口問題の解

(5)「男女平等」は過去のスローガンとなる
 ◇男女格差の要因 ページ20
 ◇共産主義とジェンダー

第4章 共産主義社会の実際(三):施政

(1)国家の廃止は可能だ
 ◇エンゲルスの嘆き ページ21
 ◇「税金奴隷」としての国民
 ◇「戦争奴隷」としての国民
 ◇民衆会議体制 ページ22
 ◇主権国家の揚棄 

(2)「真の民主主義」が実現する 
 ◇「選挙信仰」からの覚醒 ページ23 
 ◇代議員抽選制
 ◇非職業としての政治
 ◇「ボス政治」からの脱却

(3)地方自治が深化する
 ◇基軸としてのコミューン自治 ページ24
 ◇三ないし四層の地方自治
 ◇枠組み法と共通法

(4)官僚制が真に打破される 
 ◇立法・行政機能の統合 ページ25
 ◇法律と政策ガイドライン
 ◇一般市民提案
 ◇官僚制の解体・転換

(5)警察制度は必要なくなる
 ◇犯罪の激減 ページ26
 ◇警防団
 ◇犯罪捜査局と交通警邏局
 ◇特別捜査機関

(6)裁判所制度は必要なくなる
 ◇共産主義司法制度 ページ27
 ◇衡平委員と真実委員会
 ◇矯正保護委員会
 ◇護民官及びオンブズマン
 ◇法令解釈委員会
 ◇民衆会議弾劾法廷

第5章 共産主義社会の実際(四):厚生

(1)財源なき福祉は絵空事ではない
 ◇福祉国家の矛盾 ページ28
 ◇二つの福祉社会
 ◇無償の福祉

(2)年金も生活保護も必要なくなる
 ◇年金制度の不合理性 ページ29
 ◇共産主義的老後生活

(3)効率的かつ公平な医療制度が提供される
 ◇地域圏中心の医療制度 ページ30
 ◇医師の計画配置
 ◇保健所の役割
 ◇科学的かつ公正な製薬

(4)充足的な介護システムが完備する 
 ◇介護の公共化 ページ31
 ◇介護と医療の結合
 ◇「おふたりさま」老後モデル

(5)名実ともにバリアフリーが進む 
 ◇脱施設化 ページ32
 ◇障碍者主体の生産事業体
 ◇「反差別」と心のバリアフリー

(6)環境福祉住宅が実現する
 ◇賃貸/ローンからの解放 ページ33
 ◇公営住宅供給の充実
 ◇環境と福祉の交差

第6章 共産主義社会の実際(五):教育

(1)子どもたちは社会が育てる
 ◇親中心主義からの脱却 ページ34
 ◇義務保育制
 ◇地域少年団活動

(2)構想力と独創性が重視される
 ◇先入見的イメージ ページ35
 ◇資本主義的知識階級制
 ◇知識資本制から知識共産制へ

(3)大学は廃止・転換される
 ◇知識階級制の牙城・大学 ページ36
 ◇学術研究センター化

(4)遠隔通信教育が原則となる
 ◇学校という名の収容所 ページ37
 ◇脱学校化へ向けて

(5)一貫制義務教育が始まる 
 ◇ふるい落としからすくい取りへ ページ38
 ◇基本七科の概要
 ◇職業導入教育

(6)真の生涯教育が保障される
 ◇人生リセット教育 ページ39
 ◇多目的大学校と専門技能学校
 ◇高度専門職学院
 ◇ライフ・リセット社会へ

第7章 共産主義社会の実際(六):文化

(1)商品崇拝から解放される
 ◇「人間も商品なり」の資本主義 ページ40
 ◇本物・中身勝負の世界へ

(2)誰もが作家・芸術家
 ◇市場の検閲 ページ41
 ◇インターネット・コモンズの予示
 ◇開花する表現の自由

(3)マス・メディアの帝国は解体される
 ◇メディアの多様化 ページ42
 ◇誰もが記者 

(4)競争の文化は衰退する
 ◇資本主義的生存競争 ページ43
 ◇共存本能?
 ◇共産主義的切磋琢磨
 ◇究極の自殺予防策

(5)シンプル・イズ・ザ・ベスト
 ◇シンプルな社会文化 ページ44
 ◇四つのシンプルさ
 ◇人間の顔をした近代

第8章 新しい革命運動 

(1)革命の主体は民衆だ
 ◇革命という政治事業 ページ45
 ◇マルクス主義的模範回答
 ◇困難な「プロレタリア革命」
 ◇「プロレタリア革命」の脱構築 ページ46
 ◇「搾取」という共通標識
 ◇民衆の革命

(2)共産党とは別様に 
 ◇革命運動体としての民衆会議 ページ47
 ◇革命前民衆会議の概要
 ◇自主福祉活動
 ◇政党化の禁欲
 ◇赤と緑の融合

(3)革命にはもう一つの方法がある
 ◇革命の方法論 ページ48
 ◇民衆蜂起
 ◇集団棄権

(4)まずは意識革命から
 ◇「幸福感」の錯覚 ページ49
 ◇「老人革命」の可能性
 ◇文化的革命戦略
 ◇有機的文化人

第9章 非暴力革命のプロセス

(1)革命のタイミングを計る
 ◇社会的苦痛の持続 ページ50
 ◇晩期資本主義の時代
 ◇世界民衆会議の結成

(2)対抗権力状況を作り出す
◇未然革命 ページ51
◇集団棄権の実行
◇政治的権利としての「棄権」
◇対抗権力状況の開始

(3)革命体制を樹立する
 ◇対抗権力状況の解除 ページ52
 ◇移行期集中制
 ◇「プロレタリアート独裁」との違い

(4)移行期の工程を進める
 ◇移行期工程の準備 ページ53
 ◇初期憲章(憲法)の起草
 ◇共和制の樹立
 ◇革命防衛
 ◇土地革命
 ◇基幹産業の統合
 ◇農業の再編
 ◇経済移行演習
 ◇移行期行政
 ◇軍廃計画の推進
 ◇司法革命
 ◇初期憲章の施行

(5)共産主義社会が始まる
 ◇最初期共産主義 ページ54
 ◇通貨制度の廃止
 ◇計画経済の始動
 ◇社会革命の進行
 ◇全土民衆会議の発足
 ◇政府機構の廃止
 ◇軍廃計画の実行
 ◇完成憲法の制定
 ◇成熟期共産主義から高度共産主義へ

第10章 世界共同体へ

(1)「ドミノ革命」を起こす
 ◇マルクスとエンゲルスの大言壮語 ページ55
 ◇革命の地政学

(2)地球共産化を実現する
 ◇世界共同体の創設 ページ56
 ◇世界共同体の基本構制
 ◇グローバル計画経済
 ◇共産主義の普遍性

(3)国際連合を脱構築する
 ◇国連という人類史的経験 ページ57
 ◇人類共同体化
 ◇五汎域圏
 ◇世界公用語の論議
 ◇南半球重視の運営
 ◇非官僚制的運営
 ◇経済統合機能の促進
 ◇人権保障部門の強化
 ◇地球観測体制の整備
 ◇地球規模での戦争放棄

(4)恒久平和が確立される
 ◇常備軍の廃止 ページ58
 ◇司法的解決と紛争調停/平和工作
 ◇軍需経済からの決別

あとがき ページ59

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30