« アフリカ黒人の軌跡(連載第39回) | トップページ | 弁証法の再生(連載第9回) »

2019年5月30日 (木)

アメリカ合衆国大統領黒書(連載第24回)

27 トマス・ウッドロー・ウィルソン(1856年‐1924年)

 1912年大統領選挙で共和党が再選を目指す現職タフト陣営と返り咲きを狙って離党したローズベルト陣営に事実上分裂したことで、民主党が漁夫の利を得る結果となり、ウィルソンの当選につながった。こうして第28代大統領となったウィルソンは20世紀に入って最初の民主党大統領となった。
 ウィルソンはアメリカ史上初めてのアカデミズム出身大統領でもあり、進歩主義者であった。彼はその学識に基づく様々な「理想」を掲げてはいたが、ほとんどは中途半端に終わり、支持者を失望させた。その意味で、ウィルソン政権のキーワードは「失望」である。
 ウィルソン政権の失望政策は内政外交両面に及ぶが、外交面では「平和主義」である。例えばローズベルトの「棍棒外交」には批判的で、より穏当な「宣教師外交」を対置したが、実現できず、ハイチやドミニカの占領、折からのメキシコ革命への干渉など、実際の結果は「棍棒」と変わりなかった。
 より国際的な失望政策は、第一次世界大戦とその処理をめぐるものである。大戦が欧州で始まった時、ウィルソン政権は中立を標榜したが、影ではドイツと対峙する連合国側に物資や資金提供などの物的支援を通じて「裏参戦」していた。
 そのことが多数のアメリカ人乗客が犠牲となったドイツ海軍によるルシタニア号撃沈事件で隠し切れなくなると、ウィルソンは正式に参戦を決め、アメリカ外征軍を組織して、欧州戦線に送った。これは建国以来、アメリカ史上初の本格的な海外派兵であり、このためにウィルソン政権は反戦運動を抑圧しつつ、徴兵制を復活し、のべ200万人を派兵、5万人以上の戦死者を出した。
 ウィルソンの理想派学者ぶりが発揮されたのは、戦後処理の過程である。ロシアのレーニン革命政権への対抗心もあり、新世界秩序を掲げてパリ講和会議を主宰、人類史上初とも言える野心的な国際平和機構・国際連盟の創設も主導した。
 しかし、いまだ帝国主義を追求していた列強に中国大陸を狙う新興の大日本帝国など主要各国の利害調整に失敗したうえ、パリ講和条約はモンロー中立主義の原理に固執する本国上院の批准も得られなかった。こうしてウィルソン平和主義は理念に終わり、数十年後の第二次大戦を抑止することはできなかった。
 内政面での失望政策の筆頭は人種問題であった。彼は第12代テイラー大統領以来の南部出身大統領ということもあり、人種隔離政策を維持する南部の支持票に依存していた。長老教会の牧師だった父は南北戦争当時、南部連合を支持した奴隷制擁護者である。
 そうした背景から、ウィルソンの「進歩主義」は人種問題には及んでいなかった。そのため、彼は南部出身者を政府に起用し、連邦官庁での人種隔離を推進していった。自身は会員ではなかったが、クー・クラックス・クランを称賛する白人至上主義者のプロパガンダ映画の上映も許した。
 しかし「進歩主義」のイメージ演出に長けていたウィルソンは民主党大統領としては実に第7代ジャクソン以来の再選を果たし、二期目を務めるも、その末期は彼の掲げる「民主主義」の理念を裏切る違憲統治であった。ウィルソンは1919年に脳梗塞で倒れ、執務不能となったにもかかわらず、その事実を隠したのであった。
 こうした場合、副大統領が代行するはずであったが、当時のマーシャル副大統領はウィルソンと確執しており、代行を拒否するという異例事態となったため、政府に何らの役職も持たないイーディス夫人が夫の名義で職務を事実上代行した。
 この民主的共和政にとってはスキャンダラスで非アメリカ的な秘密裏の“垂簾聴政”体制は必ずしもウィルソン自身の意思によるものでないとはいえ、任期切れまで2年間続き、大統領の死後まで国民には慎重に伏せられていたのだ。
 こうしてウィルソン政権は違憲状態のうちに二期八年を終えた。ウィルソンは1924年に死去したが、奇しくもこれはライバル・レーニンの死と同年であった。しかも、脳梗塞による執務不能もレーニンと同様であったが、事実を隠さなかったレーニン政権のほうが「民主的」に見えたのは皮肉である。

« アフリカ黒人の軌跡(連載第39回) | トップページ | 弁証法の再生(連載第9回) »

アメリカ合衆国大統領黒書」カテゴリの記事

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30