無料ブログはココログ

« 言語発展論(連載第23回) | トップページ | アメリカ合衆国大統領黒書(連載第22回) »

2019年3月25日 (月)

アフリカ黒人の軌跡(連載第37回)

六 南部アフリカの蠕動

ボーア白人との衝突と混淆
 南部アフリカに関して特筆すべきは、17世紀以降、この地にオランダ人をはじめとするヨーロッパ白人が大量入植してきたことである。この入植は先行して始まっていたポルトガルによるものとは異なり、国家単位ではなく、宗教的迫害などを理由とした自主的な移住によるものであった。
 この入植白人勢力は現地に土着し、先住民であるアフリカ黒人を奴隷化して、農場を経営したため、オランダ語で「農民」を意味するブールの英語転訛でボーア人とも呼ばれた。こうした初期の経緯は北アメリカ植民地とも類似している。
 しかし、その後の展開はアメリカとは逆になる。18世紀末以降、英国が南部アフリカに触手を伸ばし、ボーア人発祥地の地とも言えるケープ植民地を占領すると、新たに英国からの移民が急増した。英国は奴隷制廃止を謳ったため、南部アフリカの黒人奴隷制はアメリカより一足先に終焉した。
 奴隷労働力を喪失したボーア人は1830年代以降、英国の支配を逃れるべく沿岸部を離れ、内陸部へ集団移住するが、この大移動グレート・トレックは、当然にも内陸部のバントゥー系黒人勢力との衝突を生み出した。特に強勢化していたズールー王国は1838年、策略により宴席でボーア人を奇襲し、壊滅的打撃を与えた。
 しかし、同年、劣勢ながら反転攻勢に出たボーア人勢力に大敗を喫したズールー王国は和平に転じ、ボーア人による最初の自治国家ナタール共和国の建設を許すことになる。ナタール共和国は間もなく英国の攻撃を受けて滅亡するが、ボーア人はグレート・トレックを諦めず、英国との条約に基づき、1850年代に相次いでオレンジ自由国とトランスヴァール共和国を建設した。
 この困難なグレート・トレックの過程で、ボーア人は民族意識を強め、アフリカ土着白人アフリカーナーを称するようになる。このオランダ語起源の人称は元来はアフリカ黒人を意味したが、いつしか土着白人の意味に転じたのである。
 とはいえ、アフリカーナーは南部アフリカ全体では圧倒的は少数派であったから、かれらがこの地でアメリカのような奴隷制によらずして勢力を拡大するうえでは黒人勢力を物理的にも血統的にも隔離する必要があった。このことは、後の統合されたアフリカーナー国家・南アフリカ共和国の人種隔離政策につながる。
 他方、ケープ植民地でボーア人が主に先住黒人コイコイ族の女性と通じて生まれた混血系の民族集団はグリカ族となり、グレート・トレックの時代にはボーア人と同様に、内陸部へ集団移住したうえ、1830年代に三つの独自の自治国家を形成した。
 中でも、ウォーターボーア家が世襲的に支配したグリカランドウェストは最も広域かつ強力であったが、ボーア人国家の属領的な地位を脱することはなく、地域にダイヤモンドが発見されると、権益を当て込んだ英国の武力介入を招き、1871年以降は英国植民地に編入されていった。

« 言語発展論(連載第23回) | トップページ | アメリカ合衆国大統領黒書(連載第22回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31