無料ブログはココログ

« 弁証法の再生(連載第5回) | トップページ | アメリカ合衆国大統領黒書(連載第21回) »

2019年2月28日 (木)

アフリカ黒人の軌跡(連載第36回)

六 南部アフリカの蠕動

スワジ族とスワジ族の動向
 ズールー人と同じバントゥー系ングニ族に属する民族として、スワジ族がある。かれらは北東アフリカ方面から南下し、放浪した後、17世紀初頭には今日のエスワティニ王国(旧スワジランド)の領域に到達している。
 強力なズールー族との抗争を強いられながらも、スワジ族は比較的小規模のまとまった部族であるため、伝承上は相当に古くから多くの王名が記録されているが、現王国の直接的な創始者と目されるのは、18世紀後半に出たングワネ3世である。彼は領土を拡大し、現在のエスワティニ王国の基礎を築いた王であった。
 ングワネ3世の実父ドゥラミニ3世にちなんでドゥラミニ王朝と呼ばれるスワジ王朝は、順調に継承され、19世紀前半、ズールー王国のシャーカ王ともほぼ同世代のソブーザ1世の時、周辺諸部族を糾合して、王国を拡張した。その結果、スワジ王国はズールー王国に匹敵するほどに強大化した。
 ソブーザ1世を継いだ息子のムスワティ2世は30年近く君臨し、軍事的な征服活動を展開した。彼はズールー族のように連隊制度を導入しつつ、連隊を各前哨基地に配置して支配の核とした。軍略に長けた彼をシャーカ王になぞらえる者もある。
 しかし、1868年のムスワティ2世の死後、スワジ王国の軍事活動は収束する。結局、スワジ王国はそれ以上に強大化することなく、ボーア白人や西洋列強の侵出に直面し、曲折を経て20世紀初頭から60年近く英国領とされたのだった。
 一方、19世紀前半期におけるズールー族の膨張が周辺諸部族に動揺をもたらした「ムフェカーネ」(追い散らし)の時代にあって、独自の自立化を見せた部族としてソト族がある。
 ソト族はバントゥー族大移動の波に乗り、南部に移住後、今日の南アフリカ自由州を中心とする高原地帯に陣取り、多くの小首長国に分かれて展開していた。
 そうした中、ズールー族のシャーカによる征服戦争が始まると、ソト族も今日の内陸国レソト王国の辺りへ移動を余儀なくされたが、この困難の時代に現れた英君が現在のレソト王国の初代国王とみなされるモショエショエ1世であった。
 彼は元来、ソト族の小支族首長家の出自であるが、軍事以上に卓越した外交術によって、ソト族の全体を束ね、王国へと成長させた。折りしもズールー人の侵略で避難民が発生していたが、モショエショエはこれら避難民を領域内に保護しつつ、臣民に組み入れて王国を拡大していったのである。
 彼の外交術はアフリカ南部に手を伸ばす白人勢力との関係でも発揮された。この頃、南部アフリカには土着オランダ系のボーア人勢力とイギリス、さらにフランスが競合的に侵出するという複雑な情勢にあったが、モショエショエはボーア人に対抗すべく、フランスと結び、キリスト教の宣教を容認した。そのうえ、フランスを通じて近代兵器の購入を図ったのである。
 こうして近代化に一早く着手するとともに、モショエショエは1868年、イギリスの保護国となることを決断した。これは、彼が主敵とみなしたボーア人に西部領土を奪われたことを契機としていたが、あえて大英帝国の保護国化する屈辱を受け入れて王国存続の担保とするというモショエショエ流の現実外交の成果とも言える。
 しかし、その代償として、スワジ王国に先駆けて英領化されたレソトの再独立は、以後100年近くにわたって封印されることとなるのであった。

« 弁証法の再生(連載第5回) | トップページ | アメリカ合衆国大統領黒書(連載第21回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30