無料ブログはココログ

« 弁証法の再生(連載第4回) | トップページ | アフリカ黒人の軌跡(連載第35回) »

2019年1月26日 (土)

言語発展論(連載第21回)

第3部 新・世界言語地図

四 ウラル‐アルタイ語環

 今日の比較言語学の知見においては、ウラルとアルタイは、それぞれ別個の語族または諸語とみなされており、かつて提唱された「ウラル‐アルタイ語族」という包括は過去の謬論とみなされている。それというのも、語族の認定において決定因となる共通祖語を再構できなかったからである。
 そのうえ、両者の分離後、「アルタイ語族」というくくりもそこに含まれる代表的言語であるモンゴル語とトルコ語の間で共通祖語を再構できなかったために、「アルタイ語族」も否定され、より漠然とした「アルタイ諸語」に格下げされている。
 おそらく、言語遺伝的にはこうした細分類が精確なのであろう。とはいえ、ウラル語族とアルタイ諸語の間にはいずれも膠着語系であり、母音調和法則を持つといった特徴的な共通点があり、単一語族ではないとしても、連続的なグループに属することは否定し難い。そこで、「語族」は不成立としても、「ウラル‐アルタイ語環」を想定することはできるかもしれない。
 歴史的に見ると、ウラル語族系民族の祖は今日の中国東北部で、遼河文明を形成したと考えられる。これは紀元前6000年から3000年に遡る文明圏であり、その人骨の遺伝子系統上、ウラル語族系民族に多いハプログループN系が多いことが判明している。
 このことから、ウラル語族系民族の発祥地は中国東北部で、かれらは何らかの事情により東北部を脱し、その名の由来となったウラル山脈周辺に移動したものと見られるのである。この西への大移動の過程で、かれらの言語の特徴がアルタイ山脈周辺の諸民族にも普及し、共通特徴を持つ語環を形成したとも考えられる。
 このうち、狭義のウラル語族・フィン‐ウゴル語派に属する言語の中でも、フィンランド語やエストニア語を含むバルト‐フィン諸語やハンガリー語はウラル山脈周辺から欧州大陸部へ再移動した民族によってもたらされ、中でもハンガリー語はこの語環の最西部に位置する。
 一方、ウラル‐アルタイ語環の最東部として、コリア語や日本語も含まれるのかどうかは一つの問題である。両言語ともに膠着語という大きなくくりではウラル‐アルタイ語環に包摂できるが、母音調和法則は持たない。
 ただし、コリア語は16世紀頃までは母音調和法則を持っていたことが判明しており、日本語の場合も万葉仮名の研究から、上代には母音調和法則があったとする説も存在する。
 いずれにせよ、現代では両言語ともに母音調和法則を喪失していることはたしかであるが、古形まで含めて考察すれば、両言語はウラル‐アルタイ語環の事実上独立した分岐という位置づけも可能かもしれない。なお、コリア語と日本語の関係性などは、後に独立語族について取り上げる際に改めて言及する。

« 弁証法の再生(連載第4回) | トップページ | アフリカ黒人の軌跡(連載第35回) »

言語発展論」カテゴリの記事

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30