« 弁証法の再生(連載第2回) | トップページ | アフリカ黒人の軌跡(連載第33回) »

2018年11月25日 (日)

アメリカ合衆国大統領黒書(連載第17回)

19 ラザフォード・バーチャード・ヘイズ(1822年‐1893年)

 南北戦争英雄グラント大統領が周辺での汚職にまみれた不安定な二期目を終えた後、大統領に選出されたのは、同じ共和党のラザフォード・バーチャード・ヘイズである。
 著名な執権者の蔭に隠れる後継にありがちなように、第19代ヘイズ大統領は、アメリカ大統領史上でも最も知名度の低い一人となっている。
 彼は前任グラントとは異なり、ハーバード・ロー・スクール出身の弁護士というバックグランドの人物であったが、南北戦争に従軍志願し、何度も負傷しながら戦績を上げ、志願兵から名誉少将に昇任する栄誉を得た。この点では前任グラントと重なり、ヘイズ政権もグラント政権以来しばらく続く「南北戦争功労政権」の一つである。
 ヘイズは除隊後、地元オハイオ州選出連邦下院議員やオハイオ州知事も経験したが、全米的な知名度の点ではグラントに及ばず、1876年の大統領選挙は民主党対抗馬との歴史上稀に見る大接戦となった。このときの民主党対抗馬は、同じ弁護士出身で、ニューヨーク州知事経験者のサミュエル・ティルデンであった。
 この似た者対決は一般投票でティルデンが上回ったが、最終結果を決する選挙人投票ではわずか一票差でヘイズが制し、当選となったのである。この時、連邦選挙委員会は、不正が疑われた民主党側の選挙人投票について、集計のやり直しではなく、疑惑票分をすべてヘイズ票とみなして算出したことから、両党間の何らかの裏取引が疑われることになった。
 そのような「取引」の存在は何ら証明されていないにもかかわらず、当選したヘイズ大統領が民主党の意向に沿い、南部に駐留していた連邦軍を完全撤退させ、いわゆるリコンストラクションを終結させたことで、確信されるようになった。実際、一期で終わったヘイズ政権最大の「功績」は、この占領終了政策であった。
 その結果として、南部諸州では民主党を通じた白人至上支配が復活し、ポスト奴隷制としての人種隔離政策が世紀を越えて構造化されていった。「1877年の妥協」とも称されるヘイズの後退的政策は、解放された黒人たちにとっては、大きな裏切りとなった。
 一方、1877年にはもう一つの大きな出来事があった。それは、鉄道労働者による大ストライキである。時は1873年恐慌に始まる大不況時代、南北戦争後の経済成長を支えた鉄道各社が賃金カットに踏み切り、対抗的な労働運動が最高潮に達していた。
 ヘイズの地元オハイオ州を終点とするボルティモア・オハイオ鉄道の労働者のストに端を発した大ストは全米各地に広がる勢いを見せたが、これに対し、ヘイズ大統領は連邦軍を投入して力による鎮圧にかかった。その結果、ストは45日間で終了した。このような強硬な反労働運動の姿勢は、その後の共和党の先例となった。
 ヘイズは自身の不人気を自覚していたのか、一期で退く意向を固め、1880年大統領選挙への立候補を見送った。退任後は教育慈善活動に力を入れ、黒人学生の奨学にも寄与するなど、ヘイズには進歩的な一面もあった。
 とはいえ、そのことにより、ヘイズがリコンストラクションの終了を急いだあまり、南部諸州の構造的な人種隔離政策を助長することとなった黒歴史を相殺することはできないだろう。

« 弁証法の再生(連載第2回) | トップページ | アフリカ黒人の軌跡(連載第33回) »

アメリカ合衆国大統領黒書」カテゴリの記事

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31