« 神道と政治―史的総覧(連載第24回) | トップページ | アメリカ合衆国大統領黒書(連載第15回) »

2018年10月11日 (木)

アフリカ黒人の軌跡(連載第30回)

五 奴隷貿易諸国と新大陸黒人

シエラレオーネとライベリア
 19世紀に入り、イギリスを起点に奴隷貿易及び奴隷制廃止の流れが生じる中、西アフリカに二つの特異な植民地が設定された。今日ではそれぞれ独立国として存在しているシエラレオーネとライベリアである。*ライベリアは日本では「リベリア」と表記することが慣例化し、筆者も従来これに従ってきたが、本稿では正規発音に近い「ライベリア」と表記する。
 この両植民地が特異なのは、いずれも白人が征服植民地ではなく、反対に解放された黒人奴隷をアフリカに帰還させる形で「黒人植民地」として成立した点である。奴隷貿易・奴隷制廃止の潮流の中で、解放された黒人奴隷をアフリカへ送り返すという奴隷貿易とは逆の流れが生じたのである。
 このうちシエラレオーネは、イギリスの奴隷解放運動家グランヴィル・シャープが提案して最初の入植者を送り出すが、現地の先住部族テムネ人との衝突や風土病のマラリアなどの蔓延により失敗した。何度かの失敗の後、1792年、現在シエラレオーネの首都でもあるフリータウンが建設され、以後、「自由の町」を意味するこの地が英領西インド諸島やカナダからの解放奴隷の入植地として発展する。
 フリータウンは1808年以降、正式にイギリス領植民地となり、奴隷貿易取締りの拠点ともなる。この地に入植した解放奴隷たちは現地先住民と通婚しつつ、クリオと呼ばれる支配的勢力に成長し、その領域をフリータウンから今日のシエラレオーネを構成する広域に広げていったのである。
 一方、シエラレオーネの東で隣接するライベリアは、アメリカからの解放奴隷の入植地として建設された。アメリカでも19世紀に入ると、奴隷制廃止運動が隆盛化するが、そうした中で、シエラレオーネを参考に、西アフリカへ解放奴隷を帰還させるプロジェクトがアメリカ植民協会を中心に立ち上がる。
 その経緯については、すでに先行連載『ハイチとリベリア』の中で詳述したので(拙稿参照)、繰り返しは避けるが、シエラレオーネとの大きな相違点として、ライベリアは1847年にアフリカ大陸初の共和政国家として独立したことがある。これはライベリアの支配勢力となった解放奴隷アメリコ・ライベリアンがその名のとおり、思想的にも故地アメリカ合衆国の強い影響を受けていたためでもある。
 経緯や思想に違いはあれ、両植民地の支配勢力となった解放奴隷とその子孫集団は、人口構成上10パーセントにも満たない少数派ながら、それぞれの地で長く政治経済を掌握する支配勢力に上ったが、このような少数支配体制は後々、従属下に置かれた先住黒人諸部族からのある種階級闘争を惹起することになっただろう。

« 神道と政治―史的総覧(連載第24回) | トップページ | アメリカ合衆国大統領黒書(連載第15回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30