« アメリカ合衆国大統領黒書(連載第14回) | トップページ | 神道と政治―史的総覧(連載第24回) »

2018年9月26日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第29回)

五 奴隷貿易諸国と新大陸黒人

アメリカ奴隷制廃止運動と黒人
 アメリカの黒人奴隷は南部では人口の相当部分を占めていたとはいえ、少数派であることに変わりなく、ハイチのように革命的決起を可能にするような条件はなかった。そのため、ハイチ革命の影響が及ぶこともなく、19世紀の奴隷制廃止運動において必ずしも主体的役割を果たしていない。
 とはいえ、18世紀から裁判を通じて自由を勝ち取ろうとする奴隷が存在したことがアメリカの特徴である。その先駆けとして、マサチューセッツの黒人奴隷クウォク・ウォーカーがいる。ガーナ出自の奴隷二世と見られる彼は、1780年のマサチューセッツ憲法の文言「人は生まれながらにして自由かつ平等」を根拠に奴隷からの解放を訴えて勝訴、同州をアメリカ合衆国最初の奴隷制廃止州とするうえで貢献した。
 しかし、連邦のレベルで同様に解放を求めて提訴したドレッド・スコットは成功しなかった。彼は奴隷制廃止州へ転居し、自由身分となって同じ奴隷出身の女性と結婚しようとしたが、1857年、連邦最高裁判所は多数決をもって彼の解放を否定した。多数意見は奴隷制廃止州へ移転しても、奴隷は解放されず、黒人がアメリカ市民となることはできないとして、奴隷制護持に軍配を上げたのだった。
 他方、カリブ海域の奴隷たちのように、武器を取って反乱を起こす奴隷も見られた。あまり知られていないことだが、18世紀初頭のニューヨークでの奴隷反乱を皮切りに、19世紀半ばにかけて、未遂を含めた奴隷の反乱事件はアメリカでも300件近く起きていた。
 南部奴隷州の代表であるバージニア州では1800年、未遂に終わったガブリエルの反乱があった。ガブリエルは読み書きのできる鍛冶職人であり、仲間を集めて決起を企てたが、事前に計画が露見し、逮捕処刑された。これを機に、州当局は奴隷の解放を制限し、奴隷の教育を禁ずる反動的法律を制定、奴隷制を強化した。
 こうした抑圧の中で発生したのが、1831年のナット・ターナーの反乱である。決起に成功し、多数の白人を殺害したこの反乱については、別連載『奴隷の世界歴史』の中でも言及したが(拙稿参照)、この流血事態をもってしても奴隷制は動かなかった。
 例外的に、言論活動を通じて奴隷制廃止を訴えたのがフレデリック・ダグラスである。メリーランド州の奴隷だった彼は主人から密かに授けられた読み書き能力を元手に北部へ逃亡後、奴隷制廃止運動家となり、南北戦争から奴隷解放宣言までを見届けた。
 その後、ダグラスは連邦保安官や駐ハイチ総領事などの公職を歴任、泡沫政党ながら平等権党から黒人系では史上初めての副大統領候補に指名されるなど、奴隷出身者としては異例の経歴を積んだ。
 ダグラスと同年代の女性活動家として、ハリエット・タブマンも特筆すべき存在である。彼女もメリーランド州の奴隷として生まれ、奴隷を南部から北部の奴隷制廃止州へ逃す運動であったいわゆる「地下鉄道」を通じて北部へ逃れ、後に自らも地下鉄道の支援者として活躍した。
 彼女はまた南北戦争に従軍看護師兼北軍スパイとして参加し、北軍の勝利に貢献している。戦後は女性の権利運動家としても活躍を見せ、2020年には史上初めて、黒人系としてドル札紙幣の表面に肖像が印刷される予定となっている。

« アメリカ合衆国大統領黒書(連載第14回) | トップページ | 神道と政治―史的総覧(連載第24回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31