« 神道と政治―史的総覧(連載第22回) | トップページ | 体験的介護保険制度批判(最終回) »

2018年8月29日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第28回)

五 奴隷貿易諸国と新大陸黒人

北米のアフリカ黒人
 大西洋奴隷貿易における黒人奴隷の輸出先は北アメリカにも及んだが、カナダでは黒人奴隷制が普及せず、北アメリカ奴隷制における圧倒的中心は今日のアメリカ合衆国、それもバージニア州に代表される南部に置かれた。
 奴隷貿易が合法的に行なわれていた17世紀から19世紀半ばまでの200年間ほどで今日のアメリカ合衆国を構成する植民地に送り込まれた黒人奴隷の総数は推計で60万人余りと見られる。
 これは大西洋奴隷貿易で南北両アメリカ大陸に輸出された黒人奴隷のうち5パーセント程度にすぎないが、その多くが南部植民地のプランテーション農園に投入され、独立後も南部諸州に引き継がれた。
 アメリカ奴隷制の南北格差は非常に大きく、南北戦争前の奴隷制末期の段階で、北部の黒人人口―当時奴隷は「動産」扱いのため、正式の「人口」には含まれなかったが―北部で1パーセントだったのに対し、南部では人口の三分の一にまで達していた。
 アメリカ黒人奴隷制の特徴は州ごとに法令によって整備されていったこと、逃亡防止のための監視が極めて厳格であったことから、中南米に比べても逃亡奴隷の共同体が形成されにくかったことである。例外として、当時スペイン領だったフロリダへ逃亡し、先住民に服属しつつ、自治的な共同体を形成したブラック・セミノールがある程度である(拙稿参照)。
 ちなみに逃亡奴隷ではないが、主としてサウスカロライナからジョージアにかけての沿岸部に自治的な共同体を形成した黒人奴隷集団がある。出身地の一つであるアンゴラに由来してガラ人と呼ばれたこの集団は、この地域の白人農園主が風土病をもたらす暑い気候を嫌って不在地主の形態を採った結果、自治的に農園管理をするようになったことに由来する。
 ガラ人は出身地のアフリカから持ち込んだ米作技術を応用して、この地域をアメリカ有数の米産地とすることにさえ成功した。かれらは文化的にもアフリカ独自のそれを維持し、アメリカでは珍しいクレオール文化と言語(ガラ語)を発達させた。
 こうした例外はあるものの、一般の黒人奴隷は何世代にもわたり従属した立場に置かれた結果として、言語文化的にも白人社会に同化させられ、出身地の言語文化は忘却された。その代わり、英語を話す白人のキリスト教文化と黒人の音楽的感性が融合された黒人霊歌のような新たな文化が形成されたのである。

« 神道と政治―史的総覧(連載第22回) | トップページ | 体験的介護保険制度批判(最終回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30