« 神道と政治―史的総覧(連載第19回) | トップページ | アメリカ合衆国大統領黒書(連載第10回) »

2018年6月30日 (土)

アフリカ黒人の軌跡(連載第25回)

五 奴隷貿易諸国と新大陸黒人

中南米のアフリカ黒人〈1〉
 大西洋奴隷貿易によって奴隷として送り込まれたアフリカ黒人たちが集中したのは、中南米(ラテンアメリカ)地域であった。初期の大西洋奴隷貿易はポルトガルが主導したため、ポルトガル植民地であったブラジルに送り込まれた奴隷が多かった。
 1500年代からおよそ三世紀にわたって続いたブラジル黒人奴隷制において、ブラジルに送り込まれた黒人の総数は400万人とも言われ、現在でもブラジル人口の約7パーセントをアフリカ黒人系が占めているところである。
 ブラジルの黒人奴隷は金鉱労働者のほか、砂糖、タバコなどのプランテーション労働者として使役された。かれらの出自も遺伝子系統の研究調査によって次第に判明してきているが、主としてオヨやダホメなどアフリカ西海岸の奴隷供給諸国から送り込まれた西アフリカのヨルバ族系と、アンゴラやコンゴから送り込まれたバントゥー系に大別される。
 ヨルバ族系奴隷の間では、アフリカから持ち込まれた部族宗教にカトリックや先住民信仰などが習合して形成されたカンドンブレと呼ばれる民間信仰儀礼が発展し、今日までアフリカ系人口の多い北東部を中心に保持されている。
 今日ブラジルの民族舞踊として著名なサンバも、北東部のアフリカ黒人奴隷が伝統的な舞踊に西洋舞踊の要素を取り込んで形成した舞踊音楽と考えられている。カポエイラのようにアフリカ伝統の格闘技と組み合わさった舞踊音楽もまた、アンゴラ人奴隷が発祥させたと言われる。このように、ブラジルのアフリカ黒人たちはブラジル独自の文化の形成にも寄与した。
 他方で、アフリカ人奴隷の置かれた重労働に虐待的な懲罰という過酷な状況は、多くの逃亡奴隷マルーンを生んだ。逃亡奴隷はブラジル各地でキロンボと呼ばれる共同体を形成して独自の自給自足ないし相互交易を行い、またしばしば白人プランテーションを襲撃・略奪した。
 中でも17世紀初頭、北東部に形成されたキロンボ・ドス・パルマーレスは、キロンボの連合拡大により最盛期2万人の人口を擁する一種の自治国家に発展した。カポエイラは、パルマーレス戦士の戦闘術でもあった。
 先住民や貧困層白人なども吸収しつつ独立を目指したパルマーレスは17世紀後半、ポルトガルに敗れて奴隷として連行されたコンゴ王国王族の出身とも言われるガンガ・ズンバとその甥ズンビの下で一種の王国として最盛期を迎えるが、ズンビがポルトガル植民地軍に敗れ、一世紀近い歴史を閉じた。

« 神道と政治―史的総覧(連載第19回) | トップページ | アメリカ合衆国大統領黒書(連載第10回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30