« 疑問‐探求モデル | トップページ | 体験的介護保険制度批判(追記7) »

2018年5月21日 (月)

アメリカ合衆国大統領黒書(連載第8回)

8 マーティン・ヴァン・ビューレン(1782年‐1862年)

 第7代ジャクソン大統領による「ジャクソニアン・デモクラシー」は、引き続いて副大統領マーティン・ヴァン・ビューレンが第8代大統領に当選したことで、さらに四年間継続されることになった。とはいえ、ヴァン・ビューレンの経歴は前任者とはかなり違っていた。
 まず彼はニューヨーク州の出身であり、アメリカ独立宣言署名後に生まれた初の大統領であった。またニューヨーク(旧ニューアムステルダム)を建設した初期オランダ移民の子であった。様々な点で、初記録を持つ大統領である。
 一方で、生家があまり豊かでないため、十分な高等教育を受けることなく、徒弟修業的なプロセスを経て弁護士となり、成功を収めた点では、非名門の「庶民」の政治を強調した「ジャクソニアン・デモクラシー」の風潮に合致した人物であり、ジャクソンが副大統領に指名しただけの理由はあった。
 しかし、大統領としてのヴァン・ビューレンは成功しなかった。その主要因は、不運にも就任年度に始まった恐慌(いわゆる1837年恐慌)にあった。恐慌自体の原因論は本稿の主題から逸れるのでここでは詳論しないが、ヴァン・ビューレン政権期を越えて1840年代全般に余波の及んだこの恐慌には、ジャクソン前大統領の政策も関わっていた。
 特にジャクソンが連邦中央銀行に反対する教条主義的な発想から第二次合衆国銀行の免許延長を拒否したことに加え、正貨主義に基づく正貨流通令は地方銀行の破綻を招いた。ヴァン・ビューレンの就任は恐慌発生の5週間前であり、直接の責任はないはずだが、前政権の副大統領だったことで間接的な責任は免れなかった。
 他方、大統領としても恐慌に対して適切な対策を取ろうとせず、恐慌的デフレーションが彼の任期中続いたことで、大統領としての能力にも疑問符が付けられ、失業や負債に苦しむ大衆の怨念が募った。
 結局のところ、「ジャクソニアン・デモクラシー」の無為な延命者でしかなかったヴァン・ビューレンは先住民政策でも強制移住法を継承し、武力による土地の侵奪を継続した。もっとも、この面で白人有権者の反感を買うことはなかったのであるが、40年大統領選挙では再選を果たせず、一期で去ることになる。
 しかし、返り咲きへの執念は持ち続け、48年大統領では新党・自由土地党の候補者として出馬した。自由土地党は、ジャクソン、ヴァン・ビューレン両政権の与党であった民主党から分離し、奴隷制度が存在しない土地という意味での「自由土地」の推進を最大綱領とする当時としては進歩的な政党であった。
 とはいえ、自由土地党は西部開拓地における新規の奴隷州拡大に反対するものの、既存奴隷制度そのものの廃止には踏み込まない中途半端な立場に終始した。提訴力に欠け、ヴァン・ビューレンは10パーセントの得票率にとどまり落選、返り咲きは果たせなかった。
 もっとも、奴隷制に関するヴァン・ビューレンの比較的にリベラルな姿勢は長寿を保った最晩年の1860年大統領選で反奴隷制を掲げるリンカーン大統領候補を支援する立場を取らせ、リンカーン政権の成立に一役買ったことは特筆してよいことかもしれない。

« 疑問‐探求モデル | トップページ | 体験的介護保険制度批判(追記7) »

アメリカ合衆国大統領黒書」カテゴリの記事

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30