« アメリカ合衆国大統領黒書(連載第7回) | トップページ | 共産論・総目次[改訂第二版] »

2018年4月30日 (月)

アフリカ黒人の軌跡(連載第23回)

五 奴隷供給諸国と新大陸黒人

コンゴとンドンゴ
 アフリカ黒人はイスラーム勢力によって奴隷化され、北アフリカ・中東地域からインドにも送り込まれてきたが、より組織的かつ大洋をまたぐ遠距離の人口移送が展開されるようになるのは、西欧列強主導の大西洋奴隷貿易が開始されてからのことである。
 奴隷貿易のシステムにおいては、アフリカの地元国家が奴隷狩りによって奴隷を集めて奴隷商人に売却することが慣習化されていたが、そのシステムは大西洋奴隷貿易ではよりいっそう露骨に現れていた。黒人奴隷の積み出し窓口となったことから「奴隷海岸」と称されるようになったアフリカ西海岸沿いの諸国は多くがそうした奴隷供給国家として台頭し、かつそのために衰亡する運命をたどった。
 大西洋奴隷貿易の初期において奴隷供給国家として台頭したのは、アフリカ中部大西洋岸に位置したコンゴ王国である。コンゴ王国が発祥したコンゴ河流域は熱帯雨林地帯であり、紀元前5000年紀から狩猟採集文化が発達した。その担い手民族は不詳だが、バントゥー人大移動で移住してきたバントゥー系民族が鉄器と農耕をもたらすことで、最初の文化的発展の土台が築かれたと推定される。
 この流域の民族は稠密な交易ネットワークでつながったバントゥー系で統一されていったが、政治的な王国形成はやや遅れ、14世紀末にルケニ・ルア・ニミなる人物が初めて王国を建設した。以来マニコンゴと称される王が統治した。
 コンゴ王国は大航海時代のポルトガルといち早く通商関係を持ち、キリスト教も受け入れた。15世紀末のンジンガ・ンクウ王が洗礼を受けてポルトガル風にジョアン1世を名乗って以来、ポルトガル化が進む。
 ジョアン1世の息子ンジンガ・ムベンバ=アフォンソ1世が16世紀前半期、長期治世で王国の全盛期を築いたが、その財源は主に奴隷輸出で得ていた。しかし、沖合いのサントメ島に拠点を置く奴隷商人の横暴を統制できず、奴隷貿易の規制に失敗したアフォンソ1世の死後、コンゴは衰退し、ポルトガルの属国として名目的な存在に落ちる。
 落ち目のコンゴに代わって南隣のコンゴ属国だったンドンゴが16世紀後半頃台頭し、奴隷供給国家としての座を争い、実質的な独立を勝ち取る。しかし、その代償としてポルトガルによる植民地化が進んだ。ンドンゴはポルトガル支配に抵抗を試みるが、最終的に1671年に征服された。

« アメリカ合衆国大統領黒書(連載第7回) | トップページ | 共産論・総目次[改訂第二版] »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31