« 神道と政治―史的総覧(連載第8回) | トップページ | 私家版朝鮮国王列伝[増補版](連載第21回) »

2017年12月13日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第16回)

三 スワヒリ文明圏

島嶼部への拡大
 スワヒリ文明は東アフリカ沿岸部を発祥地とするため、それが海を越えてアフリカ島嶼部にも浸透していくのは必然であった。中でもコモロ諸島である。コモロは東アフリカの大島であるマダガスカルと大陸部(現モザンビーク)の中間に位置する四つの島を中心とした諸島である。
 大陸部に近い位置からも最初の入植者は大陸から移住してきたバントゥー系黒人と見られ、かれらが文化的な基層となった点では、東アフリカ大陸部と類似している。しかしコモロは海洋に開かれた性質上、その後アラブ人・ペルシャ人や隣接するマダガスカル人なども加わり、高度の人種的混成が進んだ。
 イスラームが到来したのは10世紀頃であり、キルワ王国の成立年代からさほど隔たっていないところを見ると、キルワ王国をはじめとするスワヒリ文明圏に早くから組み込まれていたと考えられる。実際、10世紀以降のコモロはスワヒリ文明圏の貿易圏における主要なハブ港市として発展していく。
 文化的にイスラームが恒久化し、言語的にもコモロ語は島嶼言語としての独自性を持ちながらバントゥー語系に属し、かつスワヒリ語に類似しており、コモロ諸島はスワヒリ文明圏の辺境を成している。
 後にオマーンがザンジバルを征服して東アフリカ一帯に勢力圏を広げた後も、コモロは総体として独立を維持したが、統一国家の形成には至らず、島ごと、あるいは島内の集落ごとに首長制を形成する分裂状態が長く続いた。
 ちなみにコモロの東沖に位置するマダガスカルはインドネシア方面からの移住者によって早くから開拓され、言語・文化的にマレー系の要素が強い「アフリカの中のアジア」と言うべき独異な性格を帯びたが、大陸からバントゥー系黒人の移住者もあり、マダガスカル人はアジア系とアフリカ系との混血性の強い民族である。
 中でもマダガスカルの民族構成上四番目に大きなツィミヘティ族は18世紀頃、東アフリカから逃亡してきた奴隷の子孫集団と見られており、バントゥー系の血統が最も濃い民族集団である。しかしかれらはスワヒリ語やスワヒリ文明圏の慣習を捨て、先行マダガスカルの文化に同化したため、脱スワヒリ化したスワヒリ文明人とも言える。

« 神道と政治―史的総覧(連載第8回) | トップページ | 私家版朝鮮国王列伝[増補版](連載第21回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31