« 神道と政治―史的総覧(連載第7回) | トップページ | 私家版朝鮮国王列伝[増補版](連載第20回) »

2017年11月26日 (日)

アフリカ黒人の軌跡(連載第15回)

三 スワヒリ文明圏

オマーン=ザンジバルの成立
 東アフリカの黒人奴隷ザンジュを語源とするザンジバル島は、前回見たキルワ王国の領土であったが、同王国が衰亡した後、ここを支配したのは最初はポルトガル、次いでアラビア半島南部のオマーンであった。
 オマーン自身、16世紀初頭以来、ポルトガルの支配下に置かれていたが、17世紀前半、イスラーム少数宗派イバード派を奉じるヤアルビー家が台頭し、イマーム王朝を樹立した。このヤアーリバ朝はポルトガルからの独立戦争に勝利し、ポルトガルを本国オマーンから撃退したばかりか、40年近い攻防戦を経てザンジバル島からも駆逐することに成功したのである。
 これ以降、ザンジバル島はオマーンの東アフリカ拠点となり、オマーンは東アフリカ沿岸、紅海沿岸、ペルシア湾岸を結ぶ中継貿易の利権を掌握する海洋貿易帝国として大いに繁栄していく。その後、ヤアーリバ朝はイランによって滅ぼされるが、すぐに同じイバード派のブーサイード家が奪回し、新たなブーサイード朝を建てた。
 その結果、ザンジバルは引き続きブーサイード朝オマーンの領土となる。このオマーン=ザンジバルの支配層は明白にアラブ系であり、アラブ支配下では旧来のキルワ支配層を成したイラン出自とされるシラージも、バントゥー系アフリカ人とともに従属階級に置かれた。
 しかしこの時代になると、シラージ系とバントゥー系の血統的相違はますます相対化され、バントゥー化したシラージはスワヒリ語を母語とし、スワヒリ語圏の商業を担いつつ、スワヒリ語を内陸部まで拡大する役割を果たしたと見られる。
 ザンジバルは19世紀前半にオマーンの新首都となるが、間もなく王朝の内紛から分離独立し、改めてザンジバル王国が成立する。しかし、支配層は引き続きアラブ系のブーサイード朝分家であった。この頃になると、アラブ系とバントゥー化したシラージ系の混血も進み、スルターン自身にも、残された写真からすると母系からバントゥー黒人の血が注入されていたように思われる。
 とはいえ、引き続き従属階級のままに置かれたアフリカ黒人がザンジバルで主体性を獲得するのは、シラージと共同して決起した1964年のザンジバル革命によってザンジバル王国が打倒されてからであった。

« 神道と政治―史的総覧(連載第7回) | トップページ | 私家版朝鮮国王列伝[増補版](連載第20回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31