« 私家版朝鮮国王列伝[増補版](連載第15回) | トップページ | 神道と政治―史的総覧(連載第3回) »

2017年9月24日 (日)

アフリカ黒人の軌跡(連載第10回)

二 サハラ交易文明圏

ハウサ諸王国群
 
サハラ交易文明圏で活動したもう一つのグループとして、ハウサ人を挙げなくてはならない。ハウサ人は今日では西アフリカの大国ナイジェリアで最大人口を擁する主要民族となっているが、その故地は東アフリカのヌビア地方と見られている。
 もっとも、伝承上はイラクのバクダッドの王子バヤジダを遠祖とするというが、遺伝子上ハウサ人が最も近いのはナイル・サハラ語族系のナイロート族であるとされるから、かれらは元来、ナイル・サハラ語族だったと推定される。
 とはいえ、現在のかれらの言語ハウサ語は、古代エジプト語やアラビア語も広く包含されるアフロ・アジア語族の一分岐チャド語派に分類される。これはおそらく、かれらが西方へ大移動する過程のチャド付近で、使用言語の交替を経験したためと考えられる。
 ハウサ人は西暦700年頃までに大移動を終え、13世紀頃から今日のニジェール南部・ナイジェリア北部にかけての地域に多数の都市国家を形成した。これらの都市にはそれぞれ王ないし首長がおり、都市王国の形態を取っていた。
 西アフリカ定着後は周辺のマンデ系民族などからイスラームを受容し、イスラーム化していった。ただ、ハウサ諸王国は統一されることなく、時の西アフリカ覇権国家ソンガイ帝国とチャド方面の覇権を握るカネム‐ボルヌ帝国の間を埋める緩衝国家群としてそれぞれがサハラ交易の中継ぎで収益を上げていた。
 強いて言えば、最も古いハウサ都市国家の一つであるザリアと後発のケッビが二強としてライバル関係にあったが、いずれも統一帝国を形成するには至らなかった。ハウサ諸王国は19世紀初頭に新興のソコト帝国に征服されるまで長く持続したが、これはあえて不安定な統一帝国を構築しなかったおかげとも言えるだろう。
 こうしてハウサ人は政治的に分裂しながらも、商業を通じて総体としてはナイジェリア北部で強固な地盤を確立し、西アフリカ最大の民族集団に成長するとともに、その言語ハウサ語はスワヒリ語と並びブラックアフリカにおける商取引上の共通語(リンガ・フランカ)の一つとなっていった。

« 私家版朝鮮国王列伝[増補版](連載第15回) | トップページ | 神道と政治―史的総覧(連載第3回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31