« 私家版琉球国王列伝(連載第13回) | トップページ | オセアニア―世界の縮図(連載第18回) »

2017年6月 7日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第5回)

一 「残アフリカ」した人々

バントゥー人大移動
 現在、アフリカ黒人中における最大勢力を形成しているバントゥー系諸民族は、西アフリカでの誕生から間もなく、拡大・大移動を開始する。このバントゥー人大移動は、ずっと後にゲルマン人大移動が欧州大陸の歴史を作ったように、アフリカ大陸の歴史を作った。
 バントゥー人大移動はゲルマン人のそれに比べても長く、紀元前1000年頃から紀元後300年頃に及ぶ千年単位の長い年月をかけて行なわれたと考えられる。その契機は、オリエント方面から移住してきた集団から農耕を学んだことにあるとされる。
 この集団は欧州にも農耕をもたらした民族で、Y染色体ハプログループR1bを共通指標とするコーカソイド系民族である。かれらはアフリカではチャド、カメルーン付近に定住し、そこにいた原バントゥー人に農耕を伝えるとともに、現在までその遺伝子を西アジア的なアフロ‐アフリカ語族に属するチャド系民族に残している。
 農耕を体得したバントゥー人らは、より肥沃な農耕適地を求めて移動を開始する。最初は中央アフリカの熱帯雨林が目指されたが、東アフリカのサバンナ地帯や大湖沼地域にも拡大していく。アフリカ黒人故地とも言える南アフリカへの拡大はやや遅れ、紀元後に大湖沼地域から部族ごとに移動していったようである。
 こうして、バントゥー人はいったん故地の南アフリカを出た後、農耕を身につけ、長い年月をかけて再び故地へ帰還する「帰ってきたアフリカ人」となったのである。現在、バントゥー系に包含される民族数は数百に及ぶ。
 ただ、かれらは移動先で土着した15世紀頃に至るまで政治的な国家を形成することはなく、族長に率いられた部族共同体社会を維持していたと見られる。この点、既存のローマ帝国内に侵入して、帝国から国家形成のノウハウを吸収し得たゲルマン人と異なり、当時のアフリカ大陸にはローマ帝国に匹敵する統一国家は存在していなかった。
 アフリカへ侵出していったローマ帝国自身も北アフリカ以南にまで手を伸ばそうとはしなかった。一方、ナイル河沿いのエジプトとその影響下に栄えたヌビア人の王国も地中海や西アジアに目を向けており、アフリカ大陸全土をカバーするような帝国には膨張しなかったため、バントゥー人がその支配下に入り込むこともなかったのである。

« 私家版琉球国王列伝(連載第13回) | トップページ | オセアニア―世界の縮図(連載第18回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31