« 私家版琉球国王列伝(連載第14回) | トップページ | 仏教と政治―史的総覧(連載第34回) »

2017年6月28日 (水)

アフリカ黒人の軌跡(連載第6回)

一 「残アフリカ」した人々

ヌビア人の文明化
 西洋中心的な視点で、しばしば「非文明的」ととらえられがちなアフリカ黒人であるが、紀元前の時代にいち早く文明化したのは、エジプト南部からスーダン北部にかけてナイル流域に展開したヌビア人であった。
 ヌビア人は、ナイル・サハラ語族に属する代表的な民族であり(アフロ・アジア語族説もあるが、立ち入らない)、エジプト第1王朝時代と同時期にすでに発達した都市国家のようなものを形成したとの説もあるが、史料・情報不足のため、詳細は把握できない。
 鉱物資源の豊富なヌビア地方は強勢化したエジプト王国の侵略を受け、植民地支配下に置かれたが、エジプト新王国時代の紀元前11世紀前半頃、エジプトの混乱を突いてナパタを首都に独立したと見られる。このいわゆるクシュ王国は、王都と王朝を代えながらも紀元後350年まで持続していく。
 ヌビア人は長くエジプトの支配下にあった関係上、初期クシュ王国(ナパタ朝)はエジプト文明の強い影響を受け、ヒエログリフ文字やエジプト神アモンの信仰、ミイラ製作、ピラミッド築造技術などを取り込んだ派生文明の性格を帯びていた。
 強勢化したクシュ王国は、紀元前760年から656年までの約一世紀、ついに斜陽の「本家」エジプトを征服・併合し、第25王朝を樹立した。しかし、下エジプトでリビア人主導の反乱が起き、下エジプトを失ったのに続き、アッシリアの侵攻を受けて第25王朝は崩壊、クシュ王国自体も南のメロエに遷都を余儀なくされた。
 しかし、この敗退は新たにメロエを首都とする新時代の始まりであり、クシュ王国の全盛期を築いたのである。メロエは鉱物資源、農業土壌ともに豊富で、交易上もアビシニア(エチオピア)経由で紅海からインド洋で出る拠点となったからである。
 他文明の摂取に長けていたらしいヌビア人はアッシリアが得意とした鉄器製造技術を取り入れ、鉄製兵器製造で軍事的にも強大化し、エジプト文字とギリシャ文字双方から形成した独自のメロエ文字を創案した。「本家」より小ぶりながらも、王墓ピラミッドの築造も精力的に行なわれた。聖書でも、クシュ王国の繁栄ぶりは記されている。
 ちなみに、メロエ朝独自の特徴として、その時代としては異例なことに、ローマ軍との交戦で勝利し、ストラボンの歴史書にも言及されたアマニレナスや、全盛期を演出し、ヌビア独自のライオン神アペデマクの神殿で知られるアマニトレら、女王を多く輩出したことがある。女王はカンダケと呼ばれ、女戦士としての性格も持っていたようである。
 しかし、クシュ王国は北アフリカ、エジプトへの拡大を狙うローマ帝国の圧迫に加え、王朝の内紛も手伝って、衰退に向かう。最終的には、紀元350年、南アラビアから移住してきたと見られるセム系民族の新興アクスム王国(エチオピア)によって滅ぼされたのである。
 その後、ヌビア人はキリスト教を受容したアクスム王国の影響下に、三つのキリスト教系小国を形成したが、これらは統一されることのないまま、7世紀以降、イスラーム勢力の侵攻により、衰滅の道をたどる。

« 私家版琉球国王列伝(連載第14回) | トップページ | 仏教と政治―史的総覧(連載第34回) »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30