« 私家版朝鮮国王列伝〔増補版〕(連載第9回) | トップページ | 「無償化」の裏側 »

2017年5月11日 (木)

アフリカ黒人の軌跡(連載第4回)

一 「残アフリカ」した人々

三大言語系統の形成
 アフリカ黒人を最も重要かつ客観的な民族的指標である言語を基準に分類すると、(Ⅰ)コイサン諸語、(Ⅱ)ニジェール・コンゴ語族、(Ⅲ)ナイル・サハラ語族の三言語人系統に大別されるとするのがおおむね通説となっている。
 このうち、前回見たコイサン諸民族を包含する(Ⅰ)群は、アフリカで―より広く現生人類中でも―最古の言語を持つ諸族である可能性が高い。
 (Ⅱ)群は現代のアフリカ大陸において話者数・言語数において最大のグループであり、中でもバントゥー語群が中核を成す。バントゥー諸語を持つのはバントゥー系諸民族であり、現代アフリカ黒人中でも最大勢力を成している。
 かれらの原郷は今日のナイジェリア‐カメルーン国境付近と推定されている。おそらくは南アフリカ付近で誕生し、「残アフリカ」したグループが北西へ移住することで形成された集団であろう。形成時期は紀元前2000年頃とされ、さほど古くはない。
 かれらはやがて農耕・牧畜を身につけて繁栄し、多数の部族に分かれて拡散を始めた。バントゥー人大移動である。言わば南アフリカへと回帰していく形で、アフリカ大陸中央部から南部にかけてバントゥー系諸民族の居住地域が拡大し、南部に残留していた(Ⅰ)群の狩猟採集民族をも吸収していったであろう。
 (Ⅲ)群は名称どおり、ナイル流域・サハラ砂漠を中心に広がる言語群であり、その歴史的な代表格はスーダンのヌビア人であるが、話者数で言えば、今日のケニアとタンザニアに分布するルオ族が最大である。
 かつてサハラ砂漠はステップ緑地帯であり、豊かな地域であったことから、古くから人類の活動の痕跡が見られる。そうした古サハラ人の民族系統については十分明らかではないが、南アフリカからこのサハラ緑地へと移住していったグループの末裔がこの(Ⅲ)群に包含されるかもしれない。
 文明という観点から見ると、アフリカ黒人中、最も初期に文明国家を築いたのはヌビア人であった。かれらは紀元前26世紀にはナパタを都とする王国を形成し、隣接するエジプト文明の影響下に発展し、一時はエジプト自体をも併合するのである。

« 私家版朝鮮国王列伝〔増補版〕(連載第9回) | トップページ | 「無償化」の裏側 »

アフリカ黒人の軌跡」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30