« 私家版足利公方実紀(連載第10回) | トップページ | 日本語史異説―悲しき言語(連載第5回) »

2016年1月 3日 (日)

犯罪精神医学事始(連載第19回)

18 触法少年の治療的処遇①

 前回まで各論的に見てきた犯罪精神医学的な治療的処遇は成人犯罪者を対象とするものであったが、同様の治療的処遇は触法少年にも及ぶ。
 しかし、第2回でも触れたように、少年の触法行為は、本格的な精神疾患やパーソナリティ障碍よりも、発達障碍や知的障碍など発達に伴う各種障碍の関与が疑われることから、小児科医や発達心理学者等の参与も欠かすことができない。従って、犯罪精神医学固有のテーマとしては論じ切れないところがある。

 少年の触法行為の中でも、成人の病理性暴力犯罪に相当するものは数は少ないとはいえ、過去に著名な事例もある。とりわけ1997年に神戸市で起きた当時14歳少年による連続児童殺傷事件は社会を震撼させ、その後の少年法厳罰化などの政策転換を促した事案であった。
 この事件の加害少年は結局、精神鑑定の結果、成人の反社会性パーソナリティ障害に相当する行為障碍が認められ、当時の少年法の規定により医療少年院送致で確定した。この少年の場合も、事件を起こす以前に、神経発達障碍の一種である注意欠陥・多動性障碍の診断を受けており、発達上の問題も複合的に抱えていたと見られる。

 こうした病理性暴力行為を示す少年の治療的処遇は事例の少なさからも確立されておらず、全くの手探り状態であるが、上掲少年の場合は、医療少年院で男女の医師を両親に見立てた疑似家族を形成するある種の育て直し的な療法が一定の成果を上げたとされ、現在は退院・社会復帰している。
 このように人格の再形成を試みる治療法は上掲少年向けに組まれた実験的な手法であったようだが、発達障碍を持つ同種の病理性暴力行為の事例に対して一般化できるか検証が必要であろう。

※本連載は、都合により、当分の間、休載とさせていただきます。

« 私家版足利公方実紀(連載第10回) | トップページ | 日本語史異説―悲しき言語(連載第5回) »

犯罪精神医学事始」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31